スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
ヘルシーエイジング
2016 / 02 / 25 ( Thu )
 ある日のできごと

 先日、30名ほどの会でお話をする機会がありましたが、前もって質問が送られてきていました。
 バッチフラワーの使い方やレメディを作ることに関しての質問から、老いについてや死生観、ターミナルステージの方に付き添うことについてなど、実に多岐にわたる内容でしたので、それらの質問に対する答えを含めて、メインのテーマは「生老病死」と「よりよく生きる」というような内容になりました。

 私個人が、どのような死生観をもっていて、どのように老いと向き合い、人生をとらえているかを問われている面もあったので、バッチ博士の宇宙観や哲学のみならず、私が出会った人々が見せてくれた生き様や、それが自分に与えてくれたものを含めて、自分をふりかえるきっかけにもなりました。

 人間は生まれた時から死ぬことがプログラミングされている訳ですが、生老病死を見据えているからこそ、生が輝くのであり、また「『死』」というものが存在するというより、『生』があって、それが終わる時を『死』と名づけたに過ぎない。」という考え方にも一理あると私は思います。これは、家族の死を契機に、もともと「死」についてあれこれ考えていた自分が、さらに深みにはまったことの弊害に気づくまで、目に入ってこなかった言葉だったと話しました。

 そして「老い」については、アンドルーワイル博士の言う「Graceful (潔く優雅)な」エイジングを目指したいということなどにも触れました。Gracefulには優雅というだけでなく、いさぎよさというニュアンスがあります。肉体は不自由になっていくことが避けられないのでしょうが、その分精神は願わくば自由になっていきたいと思っています。限られた時間内では到底語り尽くせない内容ではありましたが、今の年齢で感じていることをお伝えしたあと、テーマのもつ性質上、みなさんの中にもさまざまな思いが湧き起こることと思い、参加した方たちがグループに分かれて感想をシェアする時間をもって頂きました。
 職業や性別が違う方たちが、ご自分の想いを話されて、互いに心が響き合う時間になったとの感想が聞かれました。
 
 いろいろな方との触れあいは、私の人生を豊かなものにしてくれています。

林サオダ
スポンサーサイト
18 : 23 : 55 | バッチフラワーレメディ | トラックバック(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。