スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
リジリエンス
2014 / 07 / 29 ( Tue )
 バッチフラワーレメディのコンサルテーションでお会いする方たちの多くは、バッチ博士が願ったように、やがてレメディを自分で使うようになっていかれます。
 レメディを日常に取り入れた方は、自分の心の癖のようなものにも気づけるので、自分の感情とのつきあい方が上手になっていき、自己理解が自然に深まっていきます。

 最初にレメディと出会った時に比べて、精神状態が安定する人が多いのは事実で、時々感情のバランスを崩しても、すぐに必要なレメディを飲むことで自分でケアするようになるので、バッチフラワーレメディは、使う人たちのリジリエンスを高めると言えましょう。

 「リジリエンス」という言葉には、弾力や弾性の意味があり、たち直る力、復元力、回復力をさします。アメリカの心理学者ジョージ・ボナーノ博士は「極度の不利な状況に直面しても、正常な平衡状態を維持することができる能力」と定義しています。
 身体には一定の状態を保とうとする恒常性が備わっているように、心にもバネのようなものがあって、非常につらい状況下においても、心の健康を維持する働きがあると思われます。ひとによってそれぞれ違うプロセスで、死別や離別を体験した方たちにも、悲嘆にくれて悲しみの中にずっと留まる人、そこから長い間たち直れない人もいれば、しなやかにリジリエンスを働かせて「健康」を取り戻していく人もいます。私も娘を亡くした時には、バッチ博士の「どんな場合でも、どんなに厳しい状態でも、絶望する必要はありません。なぜなら、その人がまだ肉体的に生きるのを許されているということは、支配している『魂』は希望を捨てていないことを示しているからです。」という一節に、抵抗を感じました。まだ大学生だった娘が死んで、自分が生き残った理不尽さが、どうにも受け入れがたく思えたので、おそらくレメディを使わなかったら、もっとリジリエンスは働かなかったのではないかと思います。

 強制収容所から生還したユダヤ人の精神科医ヴィクトール・E・フランクルの「人生はどんな状況でも意味がある」という言葉も、光を投げかけてくれました。
 自分の力ではどうにもならないようなことが起こっても、レメディを飲んでみることが、心を穏やかにしてくれます。

林サオダ
スポンサーサイト
17 : 18 : 02 | 未分類 | トラックバック(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。