スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
ヘルシーエイジング
2016 / 02 / 25 ( Thu )
 ある日のできごと

 先日、30名ほどの会でお話をする機会がありましたが、前もって質問が送られてきていました。
 バッチフラワーの使い方やレメディを作ることに関しての質問から、老いについてや死生観、ターミナルステージの方に付き添うことについてなど、実に多岐にわたる内容でしたので、それらの質問に対する答えを含めて、メインのテーマは「生老病死」と「よりよく生きる」というような内容になりました。

 私個人が、どのような死生観をもっていて、どのように老いと向き合い、人生をとらえているかを問われている面もあったので、バッチ博士の宇宙観や哲学のみならず、私が出会った人々が見せてくれた生き様や、それが自分に与えてくれたものを含めて、自分をふりかえるきっかけにもなりました。

 人間は生まれた時から死ぬことがプログラミングされている訳ですが、生老病死を見据えているからこそ、生が輝くのであり、また「『死』」というものが存在するというより、『生』があって、それが終わる時を『死』と名づけたに過ぎない。」という考え方にも一理あると私は思います。これは、家族の死を契機に、もともと「死」についてあれこれ考えていた自分が、さらに深みにはまったことの弊害に気づくまで、目に入ってこなかった言葉だったと話しました。

 そして「老い」については、アンドルーワイル博士の言う「Graceful (潔く優雅)な」エイジングを目指したいということなどにも触れました。Gracefulには優雅というだけでなく、いさぎよさというニュアンスがあります。肉体は不自由になっていくことが避けられないのでしょうが、その分精神は願わくば自由になっていきたいと思っています。限られた時間内では到底語り尽くせない内容ではありましたが、今の年齢で感じていることをお伝えしたあと、テーマのもつ性質上、みなさんの中にもさまざまな思いが湧き起こることと思い、参加した方たちがグループに分かれて感想をシェアする時間をもって頂きました。
 職業や性別が違う方たちが、ご自分の想いを話されて、互いに心が響き合う時間になったとの感想が聞かれました。
 
 いろいろな方との触れあいは、私の人生を豊かなものにしてくれています。

林サオダ
スポンサーサイト
18 : 23 : 55 | バッチフラワーレメディ | トラックバック(0) | page top
家族力動(ファミリーダイナミクス)
2015 / 04 / 29 ( Wed )
 このコラムを長い間書かないでいたのは、その間に3回も海外に出ていたこともあり、書けないまま時間が過ぎてしまいました。でも、また再開しようと思います。

 これまでに、私はバッチフラワーレメディのコンサルテーションで多くの方に出会い、お話を聴いてレメディを一緒に選んできました。来談者が話される悩みは、仕事、人間関係、健康問題、などさまざまですが、バッチフラワーの場合、感情に対応したレメディを飲んでいくので、どのような感情をもっているのか、どのような精神状態なのかに、フォーカスすることになります。
 家族関係そのものからくる悩みもありますし、現在抱えている問題は必ずしも家族とのことではない場合もありますが、その人自身の感性や性格・傾向性は、家族の中で身につけた認識や行動パターンと無関係ではありません。
 自分の前にはおひとりの来談者が現れますが、その方の感情面の歴史や傾向性には家族力動(ファミリーダイナミクス)が大きく関わっていることに、レメディを飲んでいくプロセスで気づかれる方は多いです。

 アメリカの精神分析家ネイサン・アッカ―マンは家族の構成員の心的な相互作用に目に向け、「全体としての家族」を
捉えた家族システム論を提唱しました。そのような観点は、バッチフラワーのコンサルテーションでも来談者を理解するうえで役立ちます。レメディを飲むのは家族の中の一人だけで、家族療法を行うわけでもないのですが、家族は噛み合っている歯車のようで、ある家族の他の家族とのコミュニケーションのとり方が変化したり、行動パターンが変わると、ファミリーダイナミクスに影響が出てきます。
 もちろん、家族の他のメンバーもレメディを飲み始めたりすれば、噛み合った歯車はより早く動くと言えます。

 私は、ある時心理療法のコースでロールプレイで機能不全の疑似家族を演じることになり、三代に渡る家族の一番下の小学生低学年の娘をやりました。 祖母、父、母、兄がリアリティのあるアクトアウトで、家族の歪みが自分のところにかかってくる感じを五感でひしひし感じました実人生では長女の私には貴重な体験でした。

 バッチフラワーレメディは、自分で自分をケアできる安全でシンプルな方法です。
コミュニケーションの負のスパイラルに陥らないで、家族がお互いにとっての喜びのみなもとであり続けたいものです。
 
 
 林サオダ
 

 
13 : 56 : 54 | バッチフラワーレメディ | トラックバック(0) | page top
新たな年に
2013 / 12 / 31 ( Tue )
2013年もあと少しで終わろうとしています。
 
来る2014年がみなさまにとって素晴らしい年になりますように。

 「一年の計は元旦にある」という言葉が示すように、年が改まると、なにごとも新たな気持ちで始めるという意識が喚起されますが、イギリス人のセラピストに20年くらい前に習った「ライフレビュー」というワークを紹介します。(お正月に限らず、他の時でもできますし、ひとりでも家族や友人などと複数でもできます。)

〇 たっぷり時間のある日を選びます。(何時までに終わらせなければいけないということがないように)
〇 ハガキ大~B5くらいの紙をたくさん用意します。(書き損じたりしても、書く紙が十分あるように)
〇 マッチかライターを用意します。
〇 お茶やお菓子も用意して、居心地のよい空間でゆったりリラックスして始めましょう。
〇 一度始めたら、中断しないで最後までやることをお奨めします。
〇 家族や友人とやるなら、この内容をリストにして、それぞれに渡しておくとよいでしょう。お互いに話をしないで、無言で自分の心の中をみながらやってください。

1.最初に、過去1年間に自分がやったこと、達成したことを、小さなことから大きなことまで紙に書きます。
思い出したことを、みんな書いてください。花に水をやったこととか、毎日会社に行ったこと、家族のために食事を作ったこと。本を出版したとか、試験に通ったとか、田舎の両親に会いに行ったとか、どんなことでも、思い出す限りのすべてです。紙がいっぱいになったら、次の紙に移ってください。
もうこれ以上思い出せないというところまで来たら、ペンをおいて、その紙を前に並べてじっと見てください。
こんなにいろいろなことを、一生懸命やった自分がいたのです。心の中で、「よく頑張ったね!」と言って自分を褒めてあげてください。

2.次に、向こう一年間にやりたいこと、やらなければならないこと、気になっていることなどを、どんどん思いつくままに紙に書いていきます。一枚の紙がいっぱいになったら、次の紙に移り、ゆっくり考えながら、好きなだけ時間をかけて、大きなことから小さなことまで、あらいざらい全部書いてください。
もうこれ以上思いつかないと思ったら、その紙を全部並べて、次のステップに移ってください。

3.紙を3枚用意して、それぞれ、「(向こう一年間に)必ずやると決めたこと」、「いつかやること」、「やらないと決めたこと」と書きます。それから、先ほどの紙に書かれた内容を見ながら、3枚の紙にそれぞれ書き写します。「いつかやること」に入る内容は、やる時期も(5年後までに)とか(10年後までに)と、書ける範囲で書き足します。紙が足りなくなったら、次の紙に書くようにして、全部を、3つのどれかに書き移し終わったら、ペンをおいて次に移ります。

4.「やらないと決めたこと」の紙は、すべて燃やします。マッチかライターで危なくない場所か容器の中で火をつけ、その紙が全部灰になるまで、じっと見ていてください。完全に灰になったらあとで水に流してください。

5.他のふたつのグループの紙をそれぞれまとめて置いておきます。

6.次に、これまでの人生でいちばん幸せだと思った瞬間を思い出して、トップ3だけを紙に書いてください。一枚にひとつの内容を書きます。ゆっくり時間をかけて厳選してください。書いたあとで、もっと幸せだったことを思い出したら、新しい紙にそれを書いてください。

7.次に、その3つのできごとの紙を前において、それぞれのできごとにはどういう要素があったのかを表す形容詞をいくつでも書けるだけ書いてください。例:美しい・澄んだ・軽やかななど 書いた紙がいっぱいになったら、次の紙に移って、書けるだけ書きます。

8.向こう一年間にやりたいことの紙全部と、今書いた形容詞の書かれた紙を前において、新しい紙を用意して、向こう一年間の自分がしたいことや、そういう状態でいたいなど、希望する内容を書いてみます。その内容を書くときに、形容詞のリストの中から合うものを選び出して使うようにします。(使わないものがあっても構わない)
向こう一年間の自分の理想とする行動や状態を、いくつでも書いてみてください。

9.十分書き出せたら、その紙全部を前に並べて、文章を組み合わせたり、整理して減らしていき、最後にひとつの
文章にできるかやってみます。

10.最後にひとつにした文章の「私は〇〇〇〇〇〇〇でありたい。」とか「私は〇〇〇〇〇をしたい。」を
「私は〇〇〇〇〇〇〇である。」とか「私は〇〇〇〇〇である。」のように。すでにそうであるという現在形に変えます。

このできあがった文章は、あなたのオリジナル・アファメーションです。2014年の自分のための標語なので、これを書いた紙をオフィスの机の上や、台所やトイレなど、ちらちらと目に入る場所に貼ってください。
自分の中から出てきた内容なので、これをやってみると、そのパワフルさに驚かれることでしょう。

林 サオダ







00 : 31 : 13 | バッチフラワーレメディ | トラックバック(0) | page top
わかってほしい。でもうまく伝えられない。
2013 / 01 / 25 ( Fri )
かつてバッチホリスティック研究会で出していたニュースレターに、「ジョハリの窓」についてコラムを書いたことがありました。最近バッチのコンサルテーションに見えた方たちが、それぞれ違う状況や年代ですが、「自分をわかってもらいたいと思っても、難しい」、「自分がどう他人に見られているかが気になってしかたがない」、「うまく自分の気持ちを人に伝えられない」と対人関係の悩みを口にされ、また10代の学生たちが「KY(空気読めない)と同級生に思われることがすごく怖い」と言うのも聞いたので、「ジョハリの窓」を思い出しました。

ジョハリの窓


「ジョハリの窓」とは、米国の心理学者ジョセフ・ルフトとハリー・インガムが考案した対人関係についての理解を助ける図で、コミュニケーションを円滑にしていく理解を促進します。
「他者に自分のことを理解してほしい」という願いは、誰もが持っている欲求だと思いますが、では、そのわかってもらいたい自分はどういう人間なのかを自分で理解しているかというと、「ジョハリの窓」に示されているような要素が組み合わさっているので、たやすくはありません。たとえば、未知の窓が大きければ、自己理解も限られ、自分のことを他人に伝えきれないかもしれません。
コンサルテーションに見えて、一緒に選んだレメディをとったあと、その方が難しく感じていた相手に自分の気持ちを話せたと報告されたケースでは、「公開された自己」の部分が前よりずっと大きくなり自己開示が進んだということですし、コンサルテーションでの、自分を見つめるプロセスや対話は、「隠された自己」の部分を少なくしていくので、気づきがもたらされ、その方はそれまで気づいていなかった自分に気づきました。その結果、「誰からもまだ知られていない自己」の部分はさらに小さくなりましたし、自分がどう思われるかわからないし、理解されていないのではという恐れは消えていきました。人との関係性は円滑になり、現在は精神的に落ち着いて仕事をされています。    


林サオダ
18 : 11 : 30 | バッチフラワーレメディ | トラックバック(0) | page top
祈りと医療の接点
2012 / 11 / 04 ( Sun )
 昨年の大震災は、「いのち」や「絆」という言葉と共に「祈り」という普遍性をもつ言葉に私たちを改めて出会わせてくれた気がします。

 最近、「祈りースピリチュアリティと科学の統合」というラリー・ドッシー博士の講演を聞き、アメリカでの統合医療の世界に「祈り」という要素が、インパクトをもってとりいれられていることに驚きました。
 私は、6,7年前に来日した、米国のトランスパーソナル心理学会の会長のデービッド・ルコフ博士のワークショップに参加した時、博士が「米国では、自分たち臨床心理の専門家の意見を取り入れて、既にすべての病院で、患者が最初に書き込む問診表の中に『スピリチュアリティに関して話題にしてよいか』を問う質問が入っていて、Noと書いた人には話題にしないが、Yesであれば、宗教に限定されない形で、医師が話題にしています。」と言うのを聞いた時にも驚いたのですが、そのことを思い出しました。

 ドッシー博士は、自分が西洋医学の医師として、「祈り」の力に関心をもったのは、1988年に発表された研究論文を読んで以降だと言われました。心臓病患者に、本人には知らせずに、誰かが「治るように祈る」グループと「何も祈らない」グループとの比較をしたところ、祈ったグループの患者は祈らなかったグループの患者より経過がよく、早く退院できたという研究です。本人が自分のことを祈ることで、実際治癒が起こることは十分理解できるが、第三者が祈ることによる癒しの有効性に、医師として関心をもたれたそうです。実は、この米国での研究は、私にとっても印象深いものです。私が15年前に英国のブリストルがんヘルプセンターの研修を受けた時、医師のロージー・ダニエル先生が講義中にこの研究を紹介され、その時の学びは、私がバッチフラワーをさらに学ぶきっかけにもなったからです。

 ドッシー博士は、「人間の身体を機械のようにみた時代から、心身医学の時代を経て、今はさらにスピリチュアリティが医療に加わる時代になってきています。『祈り』のもつ力について、昔は懐疑的な人が多かったのですが、看護師が培養皿においた骨芽細胞にセラピューティック・タッチを行った実験での結果が、科学的な厳密性をもったものとして発表されたり、動物・植物を祈る対象とした実験結果が発表されてきて、プラシーボだけでは説明がつかなくなっています。私が、1993年に『癒しのことば』という本を書いた時には、125校ある医学校の3校しか興味を示さなかったこの分野の研究を、今では90以上の医学校がカリキュラムに採用しています。私たちのような医師は、もはや少数派ではなくなってきています。」と言われました。
 さらに、祈る時に「指示型の祈り(directed prayer)」より、 「非指示型の祈り(non-directed prayer)」のほうが効果があるという結果を得たスピンドリフト研究所の研究や、「過去に遡るヒーリング」という英国での敗血症患者数千名に対して行われた研究などに触れ、科学的調査データに基づいた意識と自然治癒の研究の第一人者で、科学雑誌の編集もされているドッシー博士ならではの貴重なお話をされました。上野圭一さんとの対談では、「医学は科学の一分野とされているが、人間を対象にしているので、科学だけではおさえきれない。科学はどんどん発達し、物理学の進歩は著しいが、最新の物理学で分かってきていることが医学に反映されるには、医学の側が追いついていない。遅れている医学に、スピリチュアリティや祈りによる癒しの研究が追いついていく途上に、現在ある。」という内容も話され、大変興味深く思いました。

林サオダ
12 : 55 : 18 | バッチフラワーレメディ | トラックバック(1) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。